FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況  

早いもので10月も半ばになりました。
今日はランチを食べに外出しましたが、少し肌寒かったです。
でも、この冷たく澄んだ空気は好きです。

飽きっぽく何事も長続きしない私ですが、節酒は続いています。
今月飲んだのはまだ2日です。
先週の金曜日に一人で外に飲みに行って以来
1週間飲んでいません。

■10/9(金)
先週末の金曜日、たまには外に飲みに行こうと思い立ち
夜、一人で出かけてきました。

会社員時代は、仕事が早く終わった日は
仕事帰りに飲みに行くことがありました。
無職なってからは、ずっと家にいるので、
夕方からわざわざ外に飲みに行くのも億劫で、
家で飲むことが多くなりました。

家で飲むときは、お風呂に入って、
いつでも寝れるように準備をしてから飲みはじめます。
そして寝る直前まで飲み、そのまま布団に直行するのがいつものパターンです。


17:00お店に着きカウンターに座りました。
この時間まだ仕事をしているひともいるのでしょう。
お客さんは殆どいませんでした。
W360Q75_IMG_8491.jpg
このお店は、会社員時代、仕事帰りによく立ち寄ったお店で
以前は店員さんもみな顔見知りでしたが、今は入れ替わってしまい誰も知りません。

当時、良く話しをしたのはIさんでした。
Iさんは小太りな体格で、私よりも1歳年下。
歳も近いこともあって話が合いました。

彼は築地の寿司屋で勤めていましたが、そこを辞めてこのお店に移ってきました。
築地の寿司屋はランチも営業していて、
休む暇が殆どなく大変だったと言っていました。
このお店は夕方からなので、まだ楽だと。
W360Q75_IMG_8515.jpg
このお店には月3~4は通っていましたが、
鬱になってからは足が遠のき、
仕事を辞めてしまってからは全く行くことが無くなりました。

仕事を辞め、鬱が良くなって、お酒を再度飲めるようになり
Iさんと再会したくなって、2014年頃、3~4年振りにこのお店を訪れました。

しかし、Iさんの姿は見えませんでした。
たまたま休みだったのかと思い再訪するもまた会えず。
その後も彼を見ることはありませんでした。

別のお店に異動になったのか、辞めてしまったのか。
何度かお店に行ったとき、帰り際、女性店員にIさんのことを聞くと、
彼女は「Iさんは、もういません」と
W360Q75_IMG_8520_2020101615133646b.jpg
「いない」というのは、このお店を辞めてしまったのだと思い、
今はどこで働いているのですか?と彼女に聞くと
「Iさんは、もうこの世にいないのです。亡くなりました」と言われ衝撃を受けました。

私より一つ年下の彼が、亡くなっているとことが信じられませんでした。
ほんの数年前まで、元気に働いていた彼がこの世にいないなんて、
とても不思議な感じがしました。
W360Q75_IMG_8531.jpg
私は全く知らなかったのですが、彼は糖尿病を患っていたそうです。
仕事が忙しく、病院へ行く時間もとれなかったのかもしれません。
病気が急に悪化して、入院してから1ヶ月程で亡くなったとのことでした。

彼は40代半ばで亡くなったことになります。
人生と何だろう?人の一生とはなんだろう?と考えてしまいました。
W360Q75_IMG_8540.jpg
あれからもう6年経ちましたが、今はお店のメンバーも入れかわって、
彼のことを知る人は誰もいなくなってしまったと思います。

今日の夜も、そのお店に飲みに行く予定です。
関連記事
スポンサーサイト



category: 無職の日々202010

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1627-ea7a08ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)