FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

鶴見川散策 1日目 源流の泉~鶴川駅  

10月~11月にかけて
鶴見川を源流から河口まで歩いてきました。
その時の記録を3日間に分けて書こうと思います。

この春、多摩丘陵を良く散策しました。
小山田、三輪地区を歩いていると、鶴見川を見かけることが多く
川歩きマニアの私としては、いずれ鶴見川を歩かなくては思っていましたが、
秋になり涼しくなってきたので歩き始めることにしました。

鶴見川は、東京都および神奈川県を流れる
流路延長は42,5km、流域面積は235kmの河川です。
その流域は、東京都町田市、神奈川県川崎市、横浜市の3市(2政令指定都市を含む)からなり、
一級河川に指定されています。
流域の形がバクに似ていることから「バクの流域」を愛称とし、しばしばバクが鶴見川流域の
河川管理行政においてマスコットとして用いられています。
Wikipediaより
鶴見川のマップ

■10/21 鶴見川散策 1日目 源流の泉~鶴川駅

初日は鶴見川の源流の泉から歩きました。
昼前に自宅を出て、多摩境駅近くでランチを食べました。
W360Q75_IMG_9687.jpg
承知の助 多摩境店
W360Q75_IMG_9704.jpg
ランチちらし丼セット 1,480円
W360Q75_IMG_9707.jpg
ちらし丼
W360Q75_IMG_9713_202011151027296e0.jpg
セットの天ぷら
昼から少し食べ過ぎました。
沢山歩いてカロリー消費しなくては。

昼食後は、鶴見川散策のスタート地点へ。
W360Q75_IMG_9723_20201115102731f1c.jpg
鶴見川源流の泉
ここから3日間に分けて、42.5kmを歩きます。
W360Q75_IMG_9728_20201115102732a94.jpg
この細い川の流れが、いくつもの支流と合流して
どんどん川幅が広くなっていく。
そんな変化を見ていくのも、川歩きの楽しみの一つです。
W360Q75_IMG_9729.jpg
のどかな風景です。
秋晴れの良い天気でした。
W360Q75_IMG_9765.jpg
稲刈りも終わり、秋が終わっていくのを感じます。
W360Q75_IMG_9769.jpg
東京都町田市下小山田町付近
住宅街を川は流れていきます。
W360Q75_IMG_9846.jpg
東京都町田市図師町 宮川橋付近
ここから芝溝街道と並行して、鶴見川は真っ直ぐと流れます。
W360Q75_IMG_9863.jpg
東京都町田市図師町 鶴見橋付近
鶴見川源流付近と比べると、だいぶ川幅も広くなってきました。
W360Q75_IMG_9889.jpg
東京都町田市山崎町 新鎧橋付近
W360Q75_IMG_9895.jpg
川沿いに咲くコスモスが綺麗でした。
W360Q75_IMG_9899.jpg
鶴見川の川辺
W360Q75_IMG_9929.jpg
東京都町田市野津田町付近
田んぼが広がっています。日も暮れてきました。
秋は日も暮れるのが早いです。
W360Q75_IMG_0034.jpg
コガモが泳いでいました。
W360Q75_IMG_0042.jpg
鶴川街道にかかる下川戸橋です。
ゴールの鶴川駅はもうすぐです。
W360Q75_IMG_0059.jpg
鶴見川は小田急線と交差します。
W360Q75_IMG_0088.jpg
東京都町田市能ヶ谷 川井田人道橋
小田急線鶴川駅の裏です。
日も暮れてきたので今日はここまでにします。
W360Q75_IMG_0089.jpg
鶴見川から鶴川駅までは徒歩で3分程。近いです。
W360Q75_IMG_0093.jpg
鶴川駅 南口改札に到着。

この日は
鶴見川源流の泉(13:35)~鶴川駅南口改札(16:55)まで
3時間20分歩きました。

次回は小田急線鶴川駅~JR横浜鴨居駅まで歩きます。
鶴見川散策 2日目 鶴川駅~鴨居駅につづく
関連記事
スポンサーサイト



category: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1643-1a342219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)