無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

トレードについて、深夜に思った事  

大事な週なのに、飲んじゃった・・・



今週は、勝負所なので飲まないって思っていたのに、飲んじゃいました。
夕方、2時間半寝たので眠れなくて、
1:00からストロングチュウハイ500ml、缶チュウハイ350mlを飲んでいます。



時間があるので、ちょっと思った事を書きたいと思います。



何で今、専業トレーダーを目指しているか不思議な感じです。



会社員時代、株ではコンスタントに儲けていました。
儲かる事なので、同僚にも色々教えてあげて、
彼らの住宅購入の頭金の足しに、かなり貢献したと思っています。



入社年度は一つ上ですが、歳が同じの上司がいて、良く仕事の相談に乗ってもらいました。
「仕事が合わないので、いずれは辞めたい」と話したら、
「ニックさんは、トレードが得意なので、そっちの世界で生きて行ったら良いんじゃない」
と言われました。
その時は、どんでも無い話だと思いました。



私は、トレードが嫌いです。
しかし、儲かるからやっていただけです。
(これを後輩に話したら、「ニックさん、むかつきます」って言われました。)
そもそも、私は博打には向かない性格です。
度胸は無いですし、損をするのは嫌だし。
(勝負事は好きなんですけどね)



私は競輪が好きです。
18歳から競輪場に通っていましたが、
10日通って、勝つのは1日、トントンが1日で、負けが8日。
だから、車券を買うのをやめました。
やり続けても、損が膨らむばかりなので、車券を買うのは無駄だと思ったからです。
でも、競輪は好きだったので、車券は買わずに、競輪場へレースを見に通い続けました。
それは、今でも変わりません。



無職で、仕事が見つからなくて、家に引きこもっていて、
やる事が無いから、とりあえずトレードを始めました。
こんなので、生活できるなんて、考えもしませんでした。



会社員時代は、儲けていましたが、
年間で80万円しか稼げない年もあれば、1000万を超える年もありました。
収支のバラツキが大きすぎて、とてもじゃないけど安定した生活が送れるとは思いませんでした。
とりあえず、暇だったので、小遣い稼ぎ程度はできるのではないか?と思った程度でした。



何で、そこそこ稼げるようになったのか?と考えると、
色々なアイデアがあったからだと思います。
会社員時代にトレードをしていて、
こんなことをすれば儲かるんじゃないか?ということが沢山ありました。
でも、会社員時代は仕事が忙しく、
そういったアイデアを検証する時間が全くありませんでした。



無職になってからは、暇な時間が沢山出来たので、
会社員時代に「儲かるんじゃないか?」と考えていた事を、
過去のデータを引っ張ってきたりして、実際に取り引きしてみました。



儲かると思っていても、全然ダメだった手法もありますが、
やっぱり儲かるなといった手法も見つけることができました。



今は仕事をしていて、トレードに時間が取れない人もいるかもしれませんが、
そういった人は、「こうすれば儲かるんじゃないか?」っていうアイデアを
蓄積しておいた方が良いと思います。
実際にやってみて、ダメだったというのも多いのですが、
いくつかは、花開く手法があるものです。



私は今、4つの手法を用いていて、3つの手法を検証中です。
稼げる手段が、1つしかないと、それがダメになったらお手上げです。
専業として、長くやっていくには、幾つかの稼げる手段が必要です。



歳が同じの上司に、
「ニックさんは、トレードが得意なので、その世界で生きて行ったら」
と言われた時は、冗談じゃないと思いましたが、
今は、そこそこやって行けるかもと思い始めました。



でも、気が小さいので、この世界は私には向いていないと思います。
しかし、気が小さいからこそ、この世界で、長生きできているのかなと
最近は思っています。
関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/193-a4336dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)