無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

取り引き手法について思う事 その1  

本年もよろしくお願いします。


名無しトレーダーさん

こんなブログを楽しみにして頂いて恐縮です。
応援して頂いて嬉しいです。
お互い頑張りましょう。



という事で、
思い腰を上げて、トレードの取り引き手法について考えてみました。

私は文章を書くのも苦手なのですが、
それ以上に、頭を使うのも苦手です。

年明けからキツイ作業ですが、
これも自分の考えを整理する為です。
いずれはどこかで生きてくるかなと。



【自分に合った投資手法とは】

トレードの手法は、その人の性格や、おかれている環境によって
変わってくると思います。

<その人の性格>

私は常に気弱で、臆病な性格です。

だから、レバレッジを効かせた投資や、値動きの激しい銘柄への投資は避けています。
仮に、儲かる確率が高い手法だとしても、避けます。

それは、私の性格上、そうした投資方法は精神的に疲れると想像できるからです。
疲れる事は長続きしません。
儲かるとしても、疲れるのは嫌ですし、ストレスを溜めたくはありません。

<その人の置かれている立場>

その人の、置かれている立場、状況によっても手法は変わって来ると思います。
特に時間軸に関しては、大いきな影響を及ぼすと思います。

きっちり仕事をして、毎月決まった収入のある人は、投資の時間軸を長く取る事が可能です。
こういった人は、1年後に2倍になる銘柄、10年後に10倍になる銘柄を探して
投資する事ができます。

しかし私は、無職で定期的な収入が一切ありません。
だから毎日毎日日銭を稼ぐ必要があり、必然的に投資の時間軸は短くなります。

1ヶ月後に100万円儲かる可能性がある取り引きよりも、
毎日毎日1万円儲かる可能性のある取り引きを迷わずに選択します。



このように、トレードの手法というのは、
その人の性格、置かれている立場によって異なるので、
私がここで、こいった手法が儲かると書いた所で、
万人が上手くいくとは限らないのです。
そういった前提で、続きを読んで頂ければ幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/254-ab27d2a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)