無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

専業投機家生活の利点を考える。 その3  

3.勤務時間

【会社員時代】

 定時の勤務時間は、
 工場は 8:00-17:00
 研究所は8:30-17:30
 (ともに休憩1時間を含む)
 でした。

 しかし、毎日定時勤務であれば良いのでしょうけど、
 早出や残業も多くありました。

 朝一番で打ち合わせがあれば、始業の1時間前には出勤していたし、
 残業も、平均で21:00頃までありました。

 工場の時は、みんな車勤務だったので、終電の時間を気にする必要が無く、
 0:00頃まで日常的に残業をしていました。
 たまに22:00頃に帰れると、「今日は何をしようかな」と
 楽しみだったのを覚えています。

 
 私の会社は裁量労働制で、みんな30歳前後で課長代理に昇進します。
 そうすると、名目上は管理職なので(当然、部下なんていません)、
 残業代は一切支給されなくなります。
 また、入社した当時も、部署にもよりましたが、
 私の部署では10時間までの残業しか認められておらず、
 100時間/月ぐらいサービス残業をしていました。

 余談ですが、100時間/月残業が半年ぐらい続いた時は、
 十二指腸潰瘍になって吐血し、即入院となり、1ヶ月ぐらい休職しました。
 今考えると、労災扱いでもおかしくないかったかなと。
 若かった頃は、何も知らず、ただただ会社の言われるがままに働いていました。


 こんな調子だったので、会社員時代は、
 平日の月曜日~金曜日は、出社して、帰宅して、風呂に入って、夕飯を食べて、
 23時からニュースを見て寝るの繰り返し。
 家族との会話も殆どなく、よく家庭崩壊しなかったなと思います。


【専業投機家】

 勤務時間は8:00-15:15です。
 (休憩1時間を含む)

 8:00-9:00はプレオープニング
 東証の立会時間は9:00-15:00
 日経平均先物は大証なので、15:15まで。

 残業ではないですけど、
 リアルタイムで開示情報をみたければ、
 17:00まではPCの前に居たいですね。

 頑張る人はPTSもどうぞ。
 19:00-23:59

 株中毒の人は、ナイトセッションで先物、オプションもどうぞ。
 16:30-3:00

 まあ、私は8:00-17:00を基本に考えています。
 夜の取り引きは殆どありませんんが、
 一般信用を取りたい時は、19:00-20:00に注文を出したりもします。


 今年に入ってからトレードスタイルを変えたので、
 後場は引け成り注文を出して終わり。
 なので、前場終了後は、比較的自由に過ごしています。

 私はデイトレーダーではないので、
 基本、立会中はあまり仕事(頻繁に注文を出すなど)をしていません。
 どちらかというと、ボードを眺めていたり、チャートの確認をしている時間の方が長いです。

 仕事をしている時間と言えるのは、
 引け後とか、夜の時間に、儲かりそうな取り引きのネタを考えている時です。

 トレードの実働は1時間程度、
 トレードについて、考えたり、データを取ったり、まとめたりする時間が4~5時間。
 なので、実働は6時間ぐらいですかね。


 今は殆ど家に居るので、
 子供が学校から帰って来るのを迎えられるし、
 妻とは、夕方2人で買い物に行けるし、
 家にいるようになって、家族との関係は良くなったような気がします。
 まあ、私がそう思っているだけで、家族がどう思っているかは知りませんけど。
関連記事
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/311-3d38500b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)