無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

専業投機家生活の利点を考える。 その6  

5.仕事中の過ごし方(2)

【専業投機家】

 ■服装

 起きたらきちんと着替えます。
 私はエアコンが嫌いなので、夏は、下は短パン、上は裸です。
 流石に全裸はないですけど。
 とにかく自由です。

 ■仕事中の飲食

 私は煙草を吸いません。
 立会中は口寂しくて、結構飲み物を飲んでいます。
 コーヒーは苦くて苦手なので、紅茶、緑茶、野菜ジュースを飲みます。
 炭酸系は、結構な量を飲むので、体に悪いと思って飲みません。

 あと、一時、ケーキとか、プリンアラモードに凝っていました。
 スーパーで200円ぐらいで売っているやつ。
 自分の持ち株の利益が出ているときは、
 株価ボードを見ながらのおやつの時間は、至福の時です。
 損失が膨らんでいるときは、おやつなんて食べている余裕はないんですけどね。

 ■昼食

 日によって忙しさが違うので、時間は決まっていません。
 一応、11:30-12:30は立会外なので昼休みです。

 前場が終わってから、後場寄りの注文を入れる時もあるので、
 そいうった日は、昼休みが全く取れず、15時過ぎになります。
 暇な時は、いつ食べても良いです。

 昼食は、自宅で食べるときは、
 弁当、パン、カップ麺、妻が作ってくれたおにぎりなど、
 簡単な物が多いです。
 自室のパソコンの前に座って食べれるので。

 でも、1日中部屋にひきこもっている時間が長いので、
 昼食ぐらいは外に食べに行くようにしています。
 その時は、空いている時間を選ぶようにしています。
 (開店~12時、13時半以降)
 混んでいる時間に行って、待たされるのは嫌ですから。
 
 ■勤務時間中

 とにかく自由です。好き勝手やっています。
 一人というのは良いですね。

 自営業の人でも、人を雇っていたり、お客さん相手の商売だったりしたら
 そうはいかないかもしれません。
 組織(社会?)に属していないのは、本当に楽です。

 トレードが暇なときは寝てしまいます。
 低反発枕を買ってから、昼間から熟睡するようになりました。

 今年からケーブルTVを入れたので、
 あまり集中しなくて良い場面では、将棋を見ながら、ボードをチラ見しています。

 事前に暇なことが分かっていれば、いつでも旅行に行けます。
 当日、やる気が出なければ、思い立って、鎌倉に行ったり、
 山登りに行ったり、競輪に行ったりもできます。

 平日、シーズンオフは空いているので快適です。
 しかし、平日の昼間から、中年男性が一人でフラフラしているのは、
 目立ってしまい恥ずかしいときもあります。
 だいぶ慣れましたけど。

 忙しいときには、しっかり働くのは当たり前ですが、
 暇なときは、好きな事をしたり、自由に時間を使えるのは、
 会社員時代とは大きく違う事ですかね。
関連記事
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/317-0709a7da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)