無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

コメントへの返信 その2  

ちょっと長くなりますので、お時間のある方だけどうぞ。

子は親の背中を見て育つ の記事にコメント頂いたのですが、
忙しくて返信できませんでした。
遅くなりました。

みゅうさんへの返信は コメントへの返信 その1 を参照して下さい。


Yoshichanさん
コメントありがとうございます。

>結局どんな状況であっても
>後付けでもっともっと大きくなってから
>親に感謝するもんだと思いますよ。
>今の状況の父親だから
>他の家庭とくらべて こんなに幸せなんだと思えるのは
>子供にとっては むずかしいことです。

そうなんですよね。
大人になって初めて分かる事の方が多いです。

私の場合、普通にご飯を食べさせて貰って
学校や塾に通わせて貰いましたが、
当時は親への感謝の気持ちはありませんでした。

ただ、自分が親になると
本当に大変なことなんだなと。
子供にも、いずれ分かって貰えれば良いです。


>父親がしっかり働いていたとしても
>忙しすぎて・・・になってしまったりとかですね。
>子供にとっては周りと比較してしまうんでしょうけどね。
>もう生き方の問題でしょうね(笑)

結局、周りとの比較なんでしょうね。
大半の子供の父親は、会社勤めしているようでしょうし。

あと、私の(子供への)説明不足もあると思います。
説明するのが面倒なだけなのですが。

仕事が忙しすぎて・・・というのは、結構あるでしょうね。
私も会社員時代、妻や子供に構っている余裕がありませんでした。
無職の現在は毎日暇なので、
妻と買い物に一緒に行ったり、
子供の習い事の送り迎えに行ったり、
家庭的には円満です。

仕事で自分に余裕が無いと
家族関係って悪くなりがちだと思います。
他人には構っていられないですから。


>家族にとっての自分
>子供にとっての自分
>自分の目標や将来
>どれもバランス良く生きれればちょうどいいんですけどねぇ。。

どこに重きを置くかって
価値観の問題ですよね。

仕事が本当に好きな人もいれば、
家庭を大切にしたい人もいる。
趣味に時間、お金も注ぎ込みたい人も居る。

私はどこかというのは、
まだ、定まっていないです。
結局はバランス良く、ということでしょうか。

現時点では仕事は嫌だけど、
これから面白い仕事と出会えば、
仕事に生きるのも悪くはないかなと。

ただ、金、金、金というのは疲れるから嫌かな。
トレードでお金を儲けるのって、刺激的で面白いんですけど、
儲けても、損しても、かなりのストレスが溜まりました。

儲けてストレスが溜まるというのは、適切な表現では無いかもしれませんが
興奮状態が続いていて、気が休まらなかった気がします。


>先々のことはわからない目の前のことだけを
>一生懸命やればいいって言う人もいるでしょう

目の前の事だけ一生懸命やるのは好きです。

先々の事を考えても不安になるだけですから、
今の事だけ考えれば良いような気がします。
刹那的かもしれませんが。



mooncloudさん
コメントありがとうございます。

>ニックさん、こんにちは。

ムーンさん、こんにちは。
大阪も暑そうですね。


>うちも同じ悩みがあります。
>将来子供に仕事のことを突っ込まれたら、
>なんと答えようかと。
>とりあえずは資本家だと答えようと思いますが、通用するかどうか。

不動産業って答えれば良いんじゃないですか。
素晴らしい職業だと思いますよ。


>我が家には専業主婦も専業主夫もいますからね。

これは最強ですね。
うちも、妻が膝の手術をする前は、これに近かったです。


我が家の仕事内訳

【料理】
 ・作る(妻)
 ・後片付け(私)

【洗濯】
 ・洗濯機にセット(妻)
 ・干す(私と妻)
 ・取り入れる(私)
 ・畳んで片付ける (妻)


【風呂】
 ・沸かす(私)
 ・掃除(私)

【布団】
 ・敷く(私)
 ・畳む(私)
 ・干す(私)

【掃除】
 ・部屋(私)
 ・トイレ(妻)
 ・風呂(私)
 ・台所(妻)

【子供の関連(学校行事の参加など)】
 ・全て妻


こんな感じです。
他、何かありましたっけ?

1週間、専業主夫やって感じたことは、
料理が一番大変。
長時間立ち仕事で、休む暇が無いからかな。
関連記事
スポンサーサイト

category: 収入源を求める日々201507

tb: 0   cm: 1

コメント

ニックさんの家事の量、半端ないですね!すごいです。お疲れ様です。
コメントの返事はいいですよ、一々返信してたら大変ですから。
夏まつりも本当にご苦労様です。

みゅう #- | URL
2015/07/26 16:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/495-feba2d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)