無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

家事をして思った事 & コメントへの返信  

結婚して16年
私は殆ど家事をしませんでした。


会社員時代、子供が小さかった頃、
妻は専業主夫でしたが、子育てに忙しく、
少しは家事を手伝って欲しいと言われたことがあります。

その時、私は家事を手伝う事を拒否して
喧嘩になりました。


理由は、
私の仕事は、生活費を稼ぐために外で働く事
妻の仕事は、専業主婦として家事をする事
何で仕事で疲れて帰ってきた私が、家事を手伝わなくてはならないの?




家事をやって思ったことは、
肉体的に意外ときつく、時間に追われて精神的にもきつい。

特に、夕方以降がとても忙しく、
少しでも手伝って貰えると有難いと言う事。

ほんの10分でも洗い物を手伝って貰えたら、息抜きができる。
洗濯物を干すのにしても、
タオルだけでも干してくれた、本当に助かる。



自分で経験しないと、大変さって分からない。
それは家事だけでなく、世の中のこと全てがそうかもしれない。


今から10年以上前に、家事を手伝う事を拒否して
喧嘩してしまった事を、今更ながらに後悔した。
妻はその時の事を、覚えているかは分からないけど・・・






みゅうさん
コメントありがとうございます。

>食事の用意たいへんでしょうね。
>それを食される家族の方が、万一、感謝しなかったり不満を言うようだったら、
>食事作るやる気も失せてしまうでしょうけど、
>そしたら、お子さんに献立考える苦労や作る大変さを話せばいいし。
>お子さんが理解できないだろうなと決めつけずに、
>いろいろ教えてあげられるといいですね。

家族は素人の私が作った料理を
文句も言わず食べてくれました。

自分の作った料理を食べてもらう瞬間が緊張します。
口に合わなかったら、どうしようって。


料理を作るのは、買い物を含めて3時間位かかりますが
食べるのはほんの一瞬。
苦労の割には、あっという間に終わってしまいます。

そして、その後の後片付けに1時間。
家事の中で一番大変だと思いました。

今は、妻も立てる様になったので、
妻がメインで作ってくれます。
私は助手に格下げとなりました。


料理の良い所は、自分の好きな物を好きなだけ作れること。
レシピは全てネット調べました。
昔と違って、便利な世の中になったなと思います。


>ニックさんの家事の量、半端ないですね!すごいです。お疲れ様です。
>コメントの返事はいいですよ、一々返信してたら大変ですから。
>夏まつりも本当にご苦労様です。

お気遣い有難うございます。
頂いたコメントには、遅れるかもしれませんが、
出来る限り返信しようと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

category: 収入源を求める日々201507

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/498-6b3b95e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)