無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

コメントへの返信  

15:45、自宅に帰ってきました。

昨日、家を出たのが16:50だったので
まる24時間の外出でした。

久し振りの外出は楽しかったです。
また、暫くはひきこもるか?



自宅に帰ってからは、暑くて汗をかいたのでシャワーを浴びて
冷蔵庫から発泡酒(350ml)を出して、妻に「暑いから飲むよ」と言ったら
「えっ?もう?」と言われてしまいました。
17:00前から自宅で飲むのは、早過ぎですかね?



ということで、飲みながらで申し訳ありませんが、
コメントの返信を書きました。



たけぞうさん
ご無沙汰しておりました。お元気でしたか?
コメントありがとうございます。

>今日たまたま本屋で山崎さんという元野村証券で今は大学教授の方が書いた本を読んでいましたが、
>野村時代に顧客に空売りを進めて損失を出しさらに売り増しして巨額の損失を出した過去について
>書かれてありました。なのでニックさんが書かれてる考えには同意します。

証券マンは、顧客に損をさせても、自分の懐は全く痛みません。
少し大袈裟かもしれませんが、
「証券マンは、顧客に自殺者を出して1人前」と言われていた時代もありましたし。

証券マンの仕事は、本店や支店長の指示で「売れ」という金融商品を売ることです。
それは、外債だったり、仕組債だったり、中国株の投資信託だったり、
最近ではラップ口座だったり、
時代によって、流行の商品は変化します。
顧客の利益の事なんて、まず考えていません。

また、売れる商品(利益が出る確率が高い)は、黙っていても捌けてしまうので、
証券マンから勧められることはまずありません。
そういった美味しい商品は、自分で見つけなくてはならないのです。

だから、証券マンが勧めて来る商品は、旨みの無い商品です。
こういった、どうしょうも無い商品を顧客に押し売りして
会社に利益をもたらすために、証券マンには高い給料が払われているのです。

彼らの勧めて来る商品を買い続けて、資産が増えていくと言う事は
長い目で見るとまずありません。



みゅうさん
いつもコメントありがとうございます。

>私も日本酒はあまり好きではないです。
>何故か、頭痛がしてしまうんです。
>酒好きの人に聞くと、安い日本酒は頭痛が起きるとのこと。
>高ーい大吟醸なら頭痛・二日酔いせずに美味しいんだとか・・・
>まぁ、私はそこまで高いお金払ってお酒飲みたいとは思わないのですが・・・

私も日本酒を飲むと、直ぐ気持ち悪くなりましたが
最近は無くなりました。

大吟醸は飲んだことはあると思いますが、どんな味だったか覚えていません。
安居酒屋で1合300円台で飲ませてくれる日本酒でも充分美味しく感じるので、
その上を追及しようとは思いません。

ワインも同じで、1000円以下のチリ産のワインを飲んで、
十分美味しく感じるので、高額なワインを飲もうとは思いません。


しかし、趣味で日本酒が好き、ワインが好きという人は別だと思います。
会社員時代、ワインが好きな人がいて、
自宅にワインセラーがあって、年間300本ワインを飲むという人がいました。
そういう人は、味(美味しさ?)を追及しているのでしょう。

私は酔えればいいので、不味くなければ安酒で十分なのです。


>ニックさんなら、越後湯沢駅構内
>にある「ぽんしゅ館」行くと、新潟のいろんな日本酒を全てきき酒できるので楽しめるかも。。。

新潟は米どころですし、日本酒も美味しいのでしょうかね。
雪国ですから、水もいいのかもしません。
機会があったら行ってみます。
情報ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201509

tb: 0   cm: 1

コメント

お久しぶりです!ブログは拝見させていただいていました。証券会社の社員もやめる方が多いそうですが、そういった社風も原因かもしれないですね。私の方は相変わらず人と関わりのない生活ですが、履歴書を送ったりしてなんとか脱出しようともがいているところです。失うものももうないので、最後に悪あがきしてみようと思います。

たけぞう #- | URL
2015/09/03 13:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/530-78bb5e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)