無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

無職になってからの友人との付き合いについて  

風さんへのコメントの返信の続きです。


>また先日、同窓会に行かれて少し肩身が狭い思いをされたとの事
>でしたが、周りからは何かニックさんに対して意見をされる方など
>いらっしゃるのでしょうか?

高校時代の同窓会ですが、
特に無職であることについて意見されることはありませんでした。

肩身が狭い思いをしたのは、話が合わないと言う事。

会社員をしている友人が殆どで、仕事の辛さ、大変さを語られても、
今の私は、辛かった仕事から解放されて3年も経つので、
彼らの話に共感もできないし、適切な応対もできないので、
詰まらなかっただけです。

無職の人、トレーダーの人との会話だと、
辛さ、悩み、楽しさ等々を共感できるので、
そういった人と会っている方が居心地が良いです。



たまに、学生時代の友人に会う時があって
「いい歳して何やってんだよ!」とか
「お前の家の家族、大丈夫か?」とか
つつかれることがあるのですが、
そういった面倒な友人とは付き合わない様にしています。

嫌な思いをしたくないので、
気の合う友人は限定されます。


そもそも、私は一人でいることが極端に苦にはならないので
それで良いかなと思っています。

嫌な友人と無理して付き合うなら、
孤独をどっぷりと味わう方が全然良いです。
居酒屋で、わいわいがやがや楽しそうに飲んでいるグループを横目で見ながら
一人で酒飲みつつ落ち込むのが好きなので。


家族もそのうち離れていくだろうし、
人間死ぬ時は一人だから
今から孤独に慣れておいた方が良いんですよ。



学生時代、会社員時代は、
嫌な先生、友人、上司、同僚と
否が応でも付き合わなくてはなりませんでしが、
無職なったら、そういった煩わしい人間関係から解放される訳ですから、
自分と気の合う人とだけ付き合えば良いのです。

嫌いな人間とは無理して付き合わず、
友人が離れて行けば、孤独を楽しむ。
というのが、今の私の友人との付き合い方ですかね。




>ある友人からは私が無職でいた時、「良いよなー働かないで生活して」
>と嫌味を言われました。。
>そんな言葉が少々心苦しいのが正直なところです。


トレーダーって結局、世間では妬まれる存在なんですよ。
「楽して稼ぎやがって」ってね
だから、私は友人に話すのを避けています。

「楽して稼ぎやがって」って思うなら
自分も楽して稼げば良いのに。
だって、学歴も、経験も、資格も、一切不問の開かれている世界なんですから。

私も友人に、そういう言われた事ありますけどね。
「楽して稼げると思うなら、今すぐ会社辞めて、明日から一緒にトレーダーやろう」
と言いそうになりましたが、やめておきました。

会社に守られている人間には、そういうことは言われたくないです。
同じ立場のトレーダーに言われるのであれば、まだ納得いきますけど、
そんな事を言うトレーダーはまず居ないでしょう。


無職も同じで、妬まれる存在なのです。
「毎日、気楽で良いな。楽しやがって」ってね

そういった友人には、
「無職は良いぜ!お前も、明日にでも辞表出して、俺と一緒に無職になろう」
「一生働かないで、毎日、楽しく生きて行こうぜ!」
と誘ってあげましょう。





あと、私自身の両親と、妻との関係についても
書けたら書きたいですが、明日ですかね。
関連記事
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 2

コメント

いつも拝見しています

僕はその生き方素敵だと思いますよ。人のために生きているんじゃないですもん。自分のために生きなきゃあ。自分人生劇場の主役はもちろん自分です。

toby #cw0e5t5c | URL
2015/10/13 11:00 | edit

tobyさん

コメントありがとうございます

いつもお読み頂いているとのことで
嬉しいです。


>人のために生きているんじゃないですもん。
>自分のために生きなきゃあ。

会社員時代、
「自分が我慢して働けば家族を幸せにできる」
と思っていました。

しかし、結果的には、鬱になって
家族には大迷惑をかけてしまいました。

今思っていることは、
「自分が幸せになれば、家族も幸せにできる」
です。


これが正しいかどうかは今は分かりませんが、
しばらくは、そういう方針で生きています。


>自分人生劇場の主役はもちろん自分です。

今年は好き勝手やっています。
どこまで許されるか謎です。
来週は、家族を放置して
3泊4日で金沢に一人旅に出掛けます。

ではまた

ニック #- | URL
2015/10/13 22:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/573-e4bb7717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)