無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

株で成り上がる その2  

前回からの続きです。


そこの掲示板で知り合った人の一人に
栃木の専業さんがいました。


彼も物凄い個性的な人でした。
掲示板では、歯に衣着せぬ物言いで
信者も多かったですが、敵もかなりいました。

12年前に知り合った時は50代前半だったのですが
堀の深い浅黒の顔で、髪の毛を金髪に染めていて、
芸能人で例えるなら、ヒロミのような感じの人でした。

彼は、当時の資産で5億円はあったと思うので、
私にとっては雲の上の存在でした。



株で資産を築いて5億円といえば、
順風満帆な人生だと思われがちですが、
過去を聞くと、辛い時期もあったようです。



彼が30代前半だったころの話

彼は廃品回収(ちり紙交換)の仕事をしていたそうです。
その時、結婚を前提に付き合っていた女性がいたそうですが、
彼女の御両親に、結婚の話をしに行ったときに
廃品回収の仕事をしていることを理由に、結婚の許しを得られなかった
といっていました。
結局、その女性とは別れて、後に別の女性と結婚したそうです。



そんな彼にも転機が訪れます。
御父様が亡くなられ、1000万円の遺産を相続し、
その資金を元に、資産を5億円にまで増やしたそうです。



廃品回収の仕事を続けていたら、
1000万円の遺産を相続したとしても、
その後、悠々自適な人生を歩めなかったかもしれません。



彼は、装飾品や車が好きでした。
オフ会には、高級時計をしてきましたし、車も頻繁に乗り換えていました。
私は、時計や車には全く興味が無いので、
そちらの話には全く付いていけませんでしたが。



ただ、株で成り上がって、高級外車を乗り回すようになった故
以前から付き合いのあった友人は、みんな離れて行ってしまったと
寂しそうに話していました。



学歴も無く、職歴も無く、仕事も無い。
そんな人生でも、いくばくかのお金があれば、
人生成り上がることが可能なのが、株のような気がします。

最も、株でみんなが成功する訳では無く、
成り上がった人の陰には、失敗していった無数の屍がある訳で、
何とも言えないんですけどね。
成功する人と、失敗する人の違いは何なのでしょうか?



その3に続く
関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/594-2cc9dc0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)