無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

退職3周年記念 その3  

■送別会

鬱だったこともあって、人と会う事は億劫でしたが
色々お世話になった人もいたので、
お礼や挨拶をしたかったなと、今となっては思う事があります。

送別会自体には興味はありませんが、
自分にとっては不本意な形で、
会社を去ってしまったことは残念でした。

そういった意味では、鬱が良くなるまで休職して、
もう一度、職場復帰して、落ち着いてから退職した方が良かったかなと
思います。


■仕事の引き継ぎ

当時は2つの仕事をしていました。

1つの仕事は、私一人の業務でしたが、
一区切りついた状態で、今後継続するか、打ち切るかの審議中でしたので
特に引き継ぎの必要はなかったと思います。

もう1つの仕事は、他の部員から、一部の業務を引き継ぎ途中の仕事だったので
私の休職中に、既に他の人に変わっていたと思われます。

といった感じでしたので、
引き継ぎ業務をしなくても、困る人はいなかったと思います。


■私物の整理

ずっと休職中でしたが、
会社には、自分の机の中やロッカーには、仕事の資料などが残っていました。
それらの私物を整理するために、
人が居ない日曜日を見計らって、会社に出向いて私物の整理をしました。

不要と思われる、業務上の資料をシュレッダーにかけて、
パソコン内のデータを消去して、
最後に更衣室のロッカーに入っていた、作業着と作業靴をゴミ箱に捨てました。

作業着とかは、会社に返すものだと思っていたのですが、
数年前、私より先に鬱で退職した後輩が、
そのようにしていたのを覚えていたのが役に立ちました。
(後輩に聞いた所、上司に捨てる様に指示されたとのこと)

日曜日だったので、誰も居ないだろうと思って作業をしていたのですが、
途中から、入社したときに同じ部署で働いていたSさんが
休日出勤だったようで、出くわしてしまいました。
Sさんは、とても優しい人で、何でも相談に乗ってくれるようなタイプの人でした。

事情を一通り話、退職することになりました、といった話をしたと思います。
ただ、当時は鬱だったので、どんな事を話したかとか
記憶があまりありません。
「この先、がんばれよ」と最後に声を掛けられたような記憶があります。

とても良い人だったのですが
会ってとても気まずい思いをしたのだけは覚えています。

会社での私物の整理は、3時間程で終わったと思います。
これが、私が最後に会社に出社した日となります。



まだ眠くないけど
疲れたので、続きはまた

その4につづきます
関連記事
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/627-b210581e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)