無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

退職3周年記念 その5(最終回)  

というのが、3年前に退職した時の話です。


今思うと、鬱で思考が停止している時に、
退職の選択をするのではなく、
ある程度、正常な状態に戻ってから退職した方が
苦しまずに済んだのかなと思います。

できれば、次の仕事なりの見通しを立ててから
辞めた方が良かったのかなと。



でも、その時は、嫌な仕事のせいで鬱になっていて、
実際に復職を焦っていて、苦しんでいたし、
仕事を辞めれば、鬱が良くなるのではないかと思っていました。

「鬱の現状をなんとか打開したい」といった気持ちが強かったので、
仕方なかったのかもしれません。



一方で、私は保守的な人間なので、
鬱が回復すれば、またダラダラと前の会社で仕事を続けていた可能性は大きいです。

会社員を続けていたら、未だに精神薬を飲みつつ、
生活の為に、我慢して仕事を続けていたに違いありません。

果たしてそれが幸せか?というと
不幸だったとおもいます。

そういった意味では、鬱という状態の時に、
勢いで辞めてしまったのは、結果的には良かったのかもしれません。



生きていて、何が正しく、何が間違っているかなんて、
後になってみないと、分からないんですけどね。

今はトレードをしながら、何とか生活はできていますが、
2~3年後はどうなっているかわかりません。
もしかしたら、生活が立ち行かなくなっていて、
「無理をしてでも、会社員を続けていれば」と、後悔しているかもしれません。

こればかりは仕方ないのです。
できる事といったら、現状で一番良いと思う選択をして、
ダメになったら、また何かを考えるしかないです。

会社員の時は、道から外れてまったらお終いだと思っていましたが、
いざ仕事を失っても、人生意外と何とかなるものだ、ということが分かりました。
無職を経験すれば、その下は無いですから。
(仕事が元々無いので、職を失いようが無いという意味)


とりあえず、明日は退職して3年になります。
そして、12月1日からは、無職4年目に突入です。
そろそろ堅気の仕事を見つけなくては、と思ったりもします。



【完】
関連記事
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/629-4caf1782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)