無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

トレードで生活するということ その1  

1週間が終わりましたね。

時間が過ぎるのはあっという間なのですが、
何の成果も無い1週間が終わってしまいました。
お金だけは順調に減っています。



最近は、ちょっと生きがいというか、
人生に張りが無いです。

この前も書きましたが、
定年後の人はこんな状態なのかなと。



先週、元銀行員さんと会ってきたのですが、
彼は定年後、朝から家にいることが多くなって、暇だから株をやったら大損したと。
その後は、株から足を洗って、スポーツクラブに通うようになった。
という話を以前に聞いていたのですが、
最近、またトレードをしているようです。

お金が無くなっても、
また、どこかでお金を作ってきて株をやってしまう。

株って、不思議な魔力があるのかもしれません。
株に限らず、ギャンブル全般にいえるのですけど。

そいう、お金を運んでくれる人達がいるからこそ、
証券会社をはじめ、投資顧問会社など、この業界の人達が食べて行けるのです。
彼からは思いの他高給です。



トレードって、刺激があるから
楽しいのは確かです。
私のやっていることは「投資」では無く「投機」
いわゆるギャンブルですから。

ドキドキしますし、それでいて、お金が儲かるかもしれないから余計楽しい。
公営競技、麻雀、パチンコと一緒の類です。


競輪に行って、毎日、1レースから最終レースまで
どっぷりやっていると、最終レースが終わる頃には、殆ど資金は残りません。

どうすれば資金を長持ちさせられるかというと
自分が自信のあるレースしかやらない。
あとは見ているだけ。
見ているだけというのは辛いですよ。


その2に続きます。
夕方頃に更新します。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201602

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/689-14f0ff6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)