無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

トレードで生活するということ その2  

前回からの続き


トレードも同じだと思います。
先の元銀行員さんのように
暇だから、時間潰しに刺激を求めてやっていると
かなりの確率で資産は無くなります。

地合いが良くて、たまたま儲ける時はあっても、
長い目で見たら、資産はどんどん減っていくでしょう。

そいう事を、みんな頭では理解していても
行動に移せない人が多いのですから、
やはり、投機、博打は怖いものだと思います。

自分の欲を如何に殺すか?
自制心との戦いです。



こう毎日毎日暇だと、
ついつい、安いしそろそろ買いだろうという
誘惑が襲いかかってきますが、
我慢して、自分が勝てるパターンをひたすら待つしかないのかなと
思っています。


無職で自宅にひきこもっていると
誘惑に負けそうになりますが、
この世界で生き残って行くためには
ひたすら我慢するしかないのです。



趣味でトレードをやっている人は、
いくらやっても良いと思いますよ。

儲からなくても、楽しければ良いのですから。
この高ボラ相場は本当に楽しいと思います。

趣味でやるパチンコも競馬もそうじゃないですか。
楽しんで、お金なくなっても、
また働いて稼いで、自分の好きな趣味に使えば良いのですから。
無職で生活費を賭けて張っている人とは、全く立場が違います。

生活費を賭けたトレードでは、
少なくとも、月間の収支でマイナスという事態は避けなくてはなりません。
他に収入を得る手段はありませんから。
だから、博打を打ってはいけないのです。


と、自分に言い聞かせて、
来週もひたすら我慢の時を過ごそうと思います。
いずれは自分の勝てる相場が来ると信じて。

そんな相場はもうこないかも?
そしたら、潔くトレーダーは引退です。
何か自営で仕事をはじめるか、
それもダメならまた雇われで仕事をする。

嫌でも、生活していかなくてはならないのだから、仕方の無い事です。
そうならないためにも、
今は無駄にお金は減らせません。

【完】
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201602

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/690-42f91cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)