無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

将来の不安ついて  

今日はちょっと酔っています。
夕飯に刺身をつまみつつ日本酒を飲んで、
その後、自室で缶酎ハイのグレープフルーツ(500ml)を飲んでいます。



会社員時代は、いつも不安でした。
あまり優秀な社員ではなかったので、
いつ、リストラされるんじゃないかとか
違う部署に異動させられるんじゃなかとか。

それ以外にも、生産技術の仕事をしていたので、
部署ごと、地方の工場に異動という可能性もありました。
そうなれば、単身赴任になって家族と離れなくてはなりません。
本当に不安な毎日でした。




で、無職ひきこもりトレーダーになりましたが、
不安だけは変わらずあります。

いつ稼げなくなるか分からない。
1年後はスッカラカンになっているかもしれない。
もっと極端な話、明日、大きな損失を出して、家売らなくてはならないかもしれない。
ネット上ではそんな人は沢山います。

専業トレーダーって、浮き沈みが激しいと思います。
良い事(自由気ままである)も沢山ありますが、絶対人には勧められません。


自分一人ならまだしも、
家族にひもじい思いをさせてしまうのは心が痛みます。


不安というのは、会社員であろうが、無職であろうが
常に付きまとうのだなと思います。




でも、将来の、起こるか、起こらないかの分からないことに拘って
いつもビクビクして生き方は詰まらないなと思います。

それであれば、分からない将来の事を気にするよりも
今を楽しく生きらられのであれば、それは幸せな事だと思います。




私は、会社員時代、将来の生活が不安だったから貯蓄をしていました。
いつリストラされるか分からないし、いつ職を失うか分からない。
だから、お金を貯め込もうと思っていた。



でも、今はそういう考えは薄れてきています。
会社員時代より、不安定な立場だから、もっとお金にはシビアでなくてはならないけど。





現在の考えは、今が楽しければ良いと。
お金なんか貯め込まずに、自分の楽しみ、幸せのために使えば良いのです。
旅行に行ったり、読みたい本を買ったり、美味しい物を食べたり、お酒を飲んだり。

お金自体には全く価値は無く
使って始めて価値があるのかなと。


短い人生、限りある人生、
その人生を楽しみのために、思う存分、有効に使いたいです。
ちょっと刹那的だけど、そんな風に思います。



こんな考えだと、5年後、10年後、お金が無いと苦しんでいるかもしれませんが、
その時はその時で考えれば良いと思います。
そういう時が、近い将来来るような気がします。




小屋暮らし、自給自足の生活、農業。
今気になるキーワードです。





酔っているせいか、上手く頭の中で思考がまとまらなくて
思いつくまま書いてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/744-0233e64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)