無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

大学時代に知り合った女の子の話 その2  

その1 からのつづき


彼女は女子大を卒業後、マスコミ関係の会社に就職しました。
私は大学院に進学しました。

卒業した春に、一度だけ彼女に会った記憶があります。
神保町の喫茶店で、彼女の仕事の合間に、2人でランチをしたと思いますが、
彼女は仕事がとても忙しいと言っていて、昼食を食べると直ぐに仕事に戻って行き、
何となく寂しい思いをしたことを覚えています。

私はまだ学生だったのですが、社会人って大変なんだなと。
まあ、実際に大変で、酷い思いをしたのですけど。



その後は、幾度となく電話で話をしたりと、友人関係は続きましたが、
彼女の忙しさもあってか、次第に連絡が疎遠になり、
毎年交換していた年賀状もそのうち届かなくなり、
彼女との付き合いは無くなってしまいました。
昔は今と違って、メールやラインなどは無かったですから。



そんな彼女から、今朝、フェイスブックに友達申請があって、
20年振りぐらいに元気にしていることが分かりました。



私は個人的にフェイスブックが嫌いなので、
自分からは一切投稿しないし、
必要に迫られた時以外(クラス会の連絡とか)はログインしません。

  理由はこちら参照
  幸せな人生望むならフェイスブックやめるべき、デンマーク調査

ただ今回のように、連絡先が分からず、疎遠になった人と再会できるツールとして、
フェイスブックは良いかなと思いました。
そうは言っても、昔の友人が、今何をしているかなんて、
私には関係無く、知る必要も無いことなんですけど。


でも、学生時代を思い出し懐かしくなりました。
今も毎日楽しいけど、当時も楽しかったなと。
辛かったのは、会社員時代の16年間だけ。
あの精神薬漬けの、地獄のような日々だけは思い出したくないです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 友人

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/746-ab888b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)