無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

トレードで、常に利益を上げている人の共通点は? その2  

日曜日の朝、元気な時に書き始めたネタなのですが、
その後やる気が消失して、
月曜日の夜になってしまいました。
一気に書ききらないとダメですね・・・



■大金を儲けようとしない


私の付き合いのある専業投資家さんは
40代~70代の人だからかもしれないけど、
一発儲けてやろう的な人は、あまりいないです。

どちらかというと、
「お金にはあまり困っていないけど、他にやることないし、やっておこうかな」
みたいな人が多いです。


1月に会った岡山の専業さんはもう70代で、
「自分が生きているのも、あと何年かだ」と言いつつも、
トレードはしっかりやっていて
昨年儲けたお金は、孫への贈与に使ったそうです。



同じく、1月に会った大阪の専業さん(50代)は
「55歳になったらトレーダーは辞めようと思っていたのに、
 57歳になっても朝から晩までやっているよ。自分はワーカーホーリック(仕事中毒)だ」と



やることが無いから、とりあえずやっていると言うと聞こえは悪いのですが、
一獲千金を夢見て一儲けしてやろうというようなガツガツした感じが無くて、
余裕を持ってトレードしているから、
あまり負けないのかなと思ったりしました。



最も、私が投資を始めたきっかけは、
株で一儲けしてやろうと企んでいた訳で、
20~30代の若いうちや、投資を始めたての頃は、欲まみれでも良いと思いますが、
いつまでもそういった思想の(お金儲けに主眼を置いた)ままだと
いずれは痛い目に遭うのかなと思います。

この世界、数億円稼いでスッカラカンになった人は数多くいます。
関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/767-2ad7aa45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)