無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

家族の幸せについて  

風さんからのコメントを元に
家族の幸せについての、私なりの考えを書いてみました。

>私は昨年末に仕事を辞めてから相変わらず無職のままです。。
>経済的にまだゆとりがあるのと、あれこれ自分のやりたい事を
>やってしまっているからです。。
>こんな事をしていて良いのか?と言う悩みや不安は常にありますが^^;

無職で居られる人は、ある意味では選ばれた人なのかもしれません。

私も会社員時代に、兼業トレーダーとして稼いでいた貯金があったり、
妻が働いているので、それなりに生活は成り立っています。

生活が困窮すれば、なりふり構わず
どんな仕事をしてでも働かなくてはなりません。
余裕があるうちは、好きな事をして、毎日過ごすのは良い事だと思います。



>やはり、ニックさんにとってはご家族の事が一番大切なのではないでしょうか?
>今現在、ニックさんがご自身の事を第一にとおっしゃられておりますが、
>それも「ニックさんの幸せ=ご家族の幸せ」だとニックさんが考えてらっしゃるのですから
>ご家族への幸せが一番にあるのではないでしょうか?

もちろん、家族の幸せは大切です。
でも、やはり自分を一番大切にしたいです。



>もし逆にニックさんの幸せがご家族の幸せにならないようだと、
>ニックさんは、果たしてそれを出来るのでしょうか?
>ご返信にもあるように家族を巻き込みたくないと言われるのは、矛盾ではないと思いますよ。
>ニックさんにとっては自分の幸せと思っていても、
>やはりそのさらに上にはご家族の幸せがあるのではないでしょうか?


風さんの書かれている通りだと思います。

なぜ、自分の幸せのために、家族を巻き込みたくないのかと考えてみたのですが、
それは、結婚した責任からだと思います。


私のような、ひねくれた人間に人生を託してくれた妻を、
私の身勝手な行動によって、不幸せにはさせたくは無い。

子供に対しても同じです。
子供は父親を選べないですから。

家族を幸せにはできないかもしれないけど、
少なくとも、私の好き勝手な行動には巻き込みたくない。
ただ、それだけのことです。



>ニックさんの中に葛藤があるとすればそれはニックさんの幸せがご家族の幸せにならないかも?
>と言う事を望まれた時だと思われます。。
>先ほどの自給自足やもしくは、ご家族が望まれる生活レベルがニックさんが望まれる
>生活レベルと乖離している等ではないでしょうか?

私の生活に対する価値観と、家族(妻子)の生活のレベルは
仰せの通り、間違い無く乖離しています。

妻は東京から離れたくないと言っています。
妻の実家も東京ですし、義母の体調が悪く、病院に付き添ったりするので
傍に居たいという気持ちがあるでしょう。
子供達も、東京に住む方が色々と便利でしょう。

私は、ずっと東京に住んでいるのですが、
若い頃は、渋谷に飲みに行ったり、秋葉原に行ったり、存分に楽しませてもらったので
もう充分だと思っています。

自分なりに贅沢もしてきました。
だから、もう質素な生活でも良いのです。
ただ、子供たちはこれからです。

私の価値観を押しつけたくありません。
色々な事を経験してもらいたいです。
色々な経験ができるという点では、東京は最適だと思います。

私はもう年寄りで、色々な経験をしてきたので
東京にいる必要はありません。



■ついでに、結婚、独身について

今は、結婚を望んでいていも、しない方も数多くおられます。
もちろん、結婚生活は楽しいことが沢山あることも事実です。
しかし、責任を伴う事なので、個人の自由はかなり制限されます。

それでも、私は一人でいるのが寂しい人間なので
結婚して良かったと思います。


一方で、結婚されていない方は、
「自由な身文」なのですから、誰にも気を使うことなく、
自由に好きな事をして生きればいいと思います。
そういった、アドバンテージがあるというのは、既婚者から見て羨ましいことです。

独身であることを生かして出来る事は、無限にあります。

もしも、私が独身だったら、
1年ごとに、日本のあちこちに住みたいです。

京都で1年生活して、沖縄で1年生活して、北海道で1年生活して、
そのうち、気に行った土地が見つかったら
そこに永住する。

そんなことを想像しただけで、ワクワクした気分になります。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201606

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/782-4e95757f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)