無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

コメントの返信  

名無しさん

コメントありがとうございます。


>お金もかかるし、心身を害するし、社会的信頼もなくしいいことないけれど、
>お酒やたばこやギャンブルなどの人生の趣味や楽しみがなければ生きていても仕方ないと。

無職の場合、お酒やギャンブルとの付き合いは難しいです。
時間は沢山あるので、暇だとお酒に手が伸びてしまう。
収入が無く、資産は減る一方なのに、無謀な賭けをしてしまう。

お酒やギャンブルと上手く付き合えれば良いのでしょうけど、
人間は以外と弱い存在ですから、
自分では気がつかないうちに、
アルコール依存症やギャンブル依存症になってしまうのかもしれません。
怖いです。

もちろん、ストレス発散のために
これらと程々に付き合えれば良いのでしょうけど。


>仕事というのが気を紛らす一つの暇つぶしになるんでしょうけど、
>お金をもらう以上、責任や困難やストレスがつきまとうし・・・
>責任やストレスのかからない仕事があればいいのでしょうけどね。

まさにその通りだと思います。
私が頭の中で漠然と考えていたことを
ストレートに文章にしてもらって何だか嬉しいです。



私の高校時代の担任だった先生の話なのですが(既に定年を迎えています)
先生は家庭科の教師だったので、裁縫が得意でした。

そのため、趣味で人形の洋服を作って、ネットで売ったら結構売れて、
今では固定客が何人か付いていると言っていました。

かといって、それで商売をする気は無いようで、
(もう60歳過ぎていますから)
暇な時に時間潰しに洋服を編んで、出来上がったら売る。
欲しい人が沢山いるようで、直ぐに売れてしまうそうです。


私が洋裁に興味があるなら、先生に弟子入りして、
一緒に商売したいのですが、不器用ですし、第一洋裁には全く興味が無いのでダメしょう。



この先生の商売が良いなと思ったのは、
1.趣味の延長でできる。
2.時間が拘束されず、やりたいときにできる。
3.一人でできる。
4.それなりにお金になる(固定客が付いている)

といった感じで、
私も何か趣味の延長でできることがあったら良いなと
思ったりしました。

先生は、洋裁という武器があるから成り立っているのでしょうけど、
私は資格無し、特技無しなので、現実はなかなか厳しいです。




ムーンさん


>ビールはアルコール度数あたりの単価が高いですよね。

そうなんですよね。
だからといって、発泡酒は飲みたくありません。


>自家製ビールのキットが売られていますよ。
>会社の先輩で作っている人がいました。
>飲ませてもらいましたがおいしかったです。ご参考までに。


そうなんですか?
初めて知りました。
暇ですし、やってみようかな。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201608

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/823-55b27f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)