無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

今日の出来事  

今日の午後、自宅近くでお祭りがあったので
妻と2人で出かけてきました。


道を歩いていたら、ばったりと、
会社員時代に職場が同じだった後輩と会いました。

「ニックさん、元気にしていました?今何しているんですか?
 心配していましたよ」と



以前、このブログにも書きましたが、
私は鬱になって休職し、その後復職すること無く退職しました。
だから、会社を退職した日は自宅にいました。

お世話になった先輩や、慕ってくれた後輩、仲の良かった同僚に
別れの挨拶をすることができませんでした。
それは、今でも心残りです。

私の勤めていた会社の人達は、みんな良い人ばかりでした。
だから、人間関係で悩むことはありませんでした。
これはみんなから意外に思われます。

会社員時代、辛かったことは仕事に興味を持てなかったこと。
毎日、つまらない仕事に向き合って、成果など出るはずが無く
苦痛の毎日でした。
だから、鬱になって退職したのです。

私が退職した時の詳細について、興味のある方は
退職3周年記念を見て下さい。





今日会った後輩は特に仲が良い後輩でした。

2人で良く仕事帰りに、焼き鳥屋や寿司屋に飲みに行きました。
そして、決まって2次会はカラオケに行き、
赤ワインのボトルを2人で空けるのが、いつものパターンでした。
翌日はいつも二日酔い。
午前中は、トイレの個室で寝ていました。



そんな後輩に声を掛けられ、
私が仕事を辞めてからの4年間の出来事をざっと話しました。

退職後、1年間は鬱が良くならず、自宅で寝たきりの生活が続いて、
精神病院にも再入院したりと散々だったこと。

2年目にしてやっと鬱が良くなって、
再就職活動を始めたけど、十数社応募するも全て不採用だったこと。

仕事が無く、路頭に迷いそうだった時、ずっと趣味でやっていた株の売買を、
生活費の足しにと思って始めたら、何となく生活費が稼げてしまい、
ここ3年はそれで暮らしている事を話しました。



後輩には、会社員時代の同僚の話を聞きました。
今月で定年を迎える人がいたり、順調に出世している人がいたり、
会社を辞めてから4年も経つと、組織も変わってしまうのだなと。






会社員時代の仲間との楽しかった日々を思い出したら、
毎日一人で部屋にひきこもって、トレードをしていることが
急に寂しく思えてきました。

それでも、会社員に戻りたいかというと全くそんな事は思わず、
私は組織で仕事をすることは、もう出来ないのだなと改めて思いました。



孤独は慣れてしまえばそれ程苦にはならないのですが、
たまに、人の温もりを感じると、
(今回は仲の良かった後輩に会ってしまった)
また寂しさを感じてしまいます。



明日からも、また一人で頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201610

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/852-ba851cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)