無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

面白いと思う本とは(コメントの返信を兼ねて)  

今日は10月の勤務成績を書こうと思いましたが、
明日も取り引きしそうなので予定変更です。



こうさんへのコメントの返信です。
--------------------------------------------------
ところで、私の小説はリアリティが無くてつまらなかったですかね?
私の体験談が詰まった小説なのですが・・・^^;
http://ncode.syosetu.com/n4650dp/

しつこく書いてすみせん・・・^^;
実はこの小説は、ある映画を見た後、お酒飲み泣きながら半日くらいで書いた小説でして、
けっこう思い入れのある小説なんです
(最近、恥ずかしいのですがお酒呑むと涙もろいです><;

それで、ある文学賞に応募したのですが予選も通過しなかったです・・・とほほ。
流石に賞は取れると思って無かったし、
予選くらいは通過出来れば良いなぁくらいの気持ちだったのですが・・・
少しショックだったです
--------------------------------------------------

こうさんが面白いと思っても、
世間一般の人はつまらないと思うかもしれない。

私が心に響くものが無くても、
他の人は何かを感じるかもしれない。

といったことを踏まえた上で書きます。
あくまでも、私の感想です。



私はこの短編所説を読んで、引きこまれる物が無かったです。

私は読書が好きですが、(小説はあまり読みません。エッセイが好きです)
30分ぐらいページをめくって、面白いと思うのは10冊に1冊です。

そういった本は、一気に読み上げてしまいます。
そして残りの3冊は、何となく面白いから、もう少し続きを読んでみようかと。
後の6冊は、続きは時間が有る時に読もうと放置して、
その殆どは読まないで終わります。



引きこまれる本はどいうった本かというと、
「それ、私は知ら無い事だし、もっと知りたい」
「想像できない展開なので、その後、どうなるのか?気になって仕方ない」
といった感じで、本を読むのが止められなくなります。


こうさんのお書きになられた、
短編小説「35のBIRTHDAY」
失礼を承知で書かせて頂きますが、
「まあ、こういう展開ってあるよね」
「どこかで、読んたことあるかも」
といった感じで、サプライズがありませんでした。


私が面白いと思う小説は
「えー、こんな結末なんだ、びっくりしたよ」といったように、
自分が想像することができない展開、
ひいては、「そんな事があるんだ?」
「自分の経験からは想像できない」
という物語です。


だから、先日の私が書いたコメントの返信から引用しますと、

>しかし、一人の人間の経験できることは限られています。
>そうすると、面白い人生を歩んで来た人と沢山会って、
>そういった人達の歩んで来た道や、人生観を聞くのも
>大切なような気がします。

>例えば、無職の人を題材とした小説を書くのであれば、
>無職の人に沢山会って、どんな生活をしているのか?
>どんな悩みがあるのか?再就職する気はあるのか?
>将来の展望は?などといったことを、会った人に片っ端から聞いて、
>興味がそそられる話を融合させて、
>一つの物語にしたら面白いんじゃないかなと思います。

ということになります。
ありふれた物語、自分の想像できる物語は心に響きません。

良い作品を作ろうと思ったら、
色々と取材をして、時間と頭を使わなくてはなりません。
半日では、どんなに才能のある人でも書けないと思います。


誰も経験していないことを書く(もちろん小説なので想像でも良いのです)
誰も想像できない展開、結末に持っていくことが
面白い小説を書く肝のような気がするのですが・・・


すみません、トレードの事はそれなりに分かるのですが、
小説の事は良く分かりません。
私の思っていることを率直に書かせて頂きました。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201610

tb: 0   cm: 2

コメント

ニックさん、感想ありがとうございます

こういう正直な感想、本当に嬉しいです。

私はこういう感想を待っていたのです。

コウ #l.rsoaag | URL
2016/10/31 05:13 | edit

コウさん

真っ新な状態から、
何かを生み出すという事は大変な事だと思います。
陰ながら応援しています。

ニック #- | URL
2016/10/31 23:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/856-4b26c5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)