無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

トランプ大統領誕生  


今日は驚きました。
米国の大統領、てっきりクリントンさんで決まりだと思っていました。


それでも、ここ1ヶ月はトレードの方は開店休業状態。
現物株の保有は、先月上場した某鉄道銘柄のみでしたが、
11月に入ってから、3000円より少し上で買戻していたので、
含み損が拡大してしまいました。
公募分もまだ一部残っています。


それよりも、ここの所の株高、円安で、折角戻り歩調だったラップ口座と外国債券が、
また酷いことになっていそうです。
直ぐに解約できる見込みもなさそうなので、しばらくは放置を決め込んでいますが、
どうしたら良いものか。



今日の前場、激しい値動きで何度も発注ボタンを押しそうになりましたが我慢しました。
最も、発注ボタンを押していたら、
完敗だったので結果的には良かったです。
見ていると危ないので、午後からは妻と買い物に出掛けました。




最近つくづく思うのですが、
トレードで儲かる、儲からないというのは環境に寄るところが大きいです。

4年前に仕事を辞めて、3年前からトレードを始めましたが、
もし、今仕事を辞めて、これからトレードで生活費を稼がなくてはならないとしたら、
絶望的な気持ちになっていたと思います。


とにかく、今の相場はお金を減らさないようにひたすら我慢するしかありません。
この先、また稼げるような相場になったら参戦すれば良いだけです。
しかし、この先当分の間、バブル的な相場は来ないかもしれません。

イギリスのEU離脱、アメリカのトランプ大統領誕生に見られるように、
世界中で保護貿易主義が台頭し、今後、世界的な成長は見込めないような気がします。
中国の成長も鈍化していますし、それに代わるフロンティアはもう残っていないでしょう。

だからこの先、日本を含め世界規模で低成長時代に突入するような気がします。
株式に投資する妙味は激減するでしょう。



じゃあ、何に投資をすれば良いのかは分かりません。
一つ言えることは、トレードでこの先も稼いで行くことは、
これまで以上の労力を要するという事。
アベノミクス時代のように簡単には儲からないという事です。


上位のトレーダー同士のお金の奪い合いに、私は参加するつもりはないので、
そろそろ潮時かなと考えたりします。


資金が底を尽きて退場することが多いトレードの世界で、
プラスで終われるのならば幸せかと。


年内一杯は、トレードから少し距離を置いて、
この先の身の振り方を考えた方が良いのかなと漠然と思ったりしています。



今、45歳で無職なのですが、
最近は暇を持て余し過ぎて人生が面白くありません。
隠居するには少し早いような気がします。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201611

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/862-6f2494a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)