無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

結婚と離婚について ~コメントの返信を兼ねて~  

ともさん、コメントありがとうございます。

-----------------------------------------------------
結婚て何なのか考えさせられますね。
私も離婚を経験しており、離婚のストレス、仕事のストレスが重なって
鬱になって休職した事があります。
-----------------------------------------------------

結婚とは何かって、難しいですね。
結婚の一番の目的は、種の保存という動機で、
人間の本能的な部分なのでしょうが、それはここでは置いておくとして・・・

結婚とは、好きな人と一緒に居たいという気持ちがあって入籍して、
結婚生活とは、お互いが一緒に生活していく上で、経済的、精神的に
補完しあう関係が続いている状態の事を言うのかな。
この関係が壊れて、修復不可能になると離婚となります。

離婚の原因は、経済的な問題、不貞を働いたなど異性関係の問題、
価値観の相違、DVなどの暴力、嫁姑問題など親戚間の関係などですか?


そうならないように、結婚する前の付き合いの段階で、
相手をちゃんと見極めて、と言う人が多いのですが、

自分自身を鑑みてみると、結婚前に妻とは4年間付き合いましたが、
妻の考えや価値感について、結婚してから初めて知ったという事の方が多かったと思います。
そもそも付き合っているうちは、自分の都合の悪い部分はお互い隠しますから。

だから結婚後に、相手の価値感(考え)と、自分の価値観を融合させる作業が必要になるのですが、
これが辛い。
自分が正しいと思っていたことを否定されたりしますから。



夫婦関係を長く維持しようと思ったら、
お互いが、相手を理解しようという気持ちを持っていないとダメですし、
そうする為には、会話することが重要だと思います。
お互いという所が凄く大切で、片方だけだと破綻します。


会社員時代は、仕事が忙しくて夫婦の会話なんて殆どありませんでした。
でも無職になってからは、暇なので、忙しい妻を捕まえて2人で雑談をすることが多くなったせいか、
以前よりも夫婦関係は良くなったような気がします。


そもそも、自分の心に余裕やゆとりが無いと
相手の話を聞いたり、相手の考えを受け入れる事って難しいです。
仕事でストレスフルな毎日を送っていたら、上手くいっていなかったような気もします。

-----------------------------------------------------
I子さんの元旦那様はリストラされたのか、
自主的に仕事を辞めたのか個人的に気になりますね。
もし、機会があったら聞いてみてください。
-----------------------------------------------------

明日、会う予定ですので聞いてみます。
先生と彼女と3人で、東京駅近くでランチです。
お酒は飲まない予定。
関連記事
スポンサーサイト

category: 友人

tb: 0   cm: 2

コメント

ご返信ありがとうございます。離婚の原因は挙げて頂いたようなこれという一発大きな事はなかったですね。どちらが相手に対して何かをしたわけでもなかったので慰謝料は発生しませんでした。お互いに弁護士はたてましたが。一年間付き合って結婚したのですが、付き合ってた時から実は何か違うかなって言う言葉では表現できない違和感はあったんですよね(元妻はどう感じてたのかは分かりませんが)。でもお互いにそれなりの年齢でしたし、特に我慢できない嫌なところもなかったので結婚した感じでした。そもそもお互いをそんなによく知らないうちに結婚したというのと、どうしてもこいつと結婚したいという強く惹かれる気持ちはお互いになかったんだと思います。元々の土台が弱いと一つ物事が崩れるとダメでしたね。その頃、私は仕事が大変な時期で鬱になって医者にかかってましたが、家族もいるので休職してはいけないと思い会社に行ってました。ちょうど家も買ったので住宅ローンをこの先払い続けられるかという不安がありましたね。会社が外資系企業だったので、少なくとも部署で上に登りつめないと定年まではいた人はいなかったので。そうすると家でも喧嘩が徐々に増えてきて、ついには元嫁が実家に帰ってしまいました。私はなんとか復縁をしようと思い説得したのですが、元嫁の考えは変わらずそのまま離婚となりました。こういう時に、本当にお互いを理解して結婚していたり、お互いを本当に好きで結婚していたら、二人でもっと踏ん張れたのかなと思います。その後、私は仕事と離婚のダブルストレスでとうとう休職をし、転職もすることになりました。長くなりましたが、これが私の離婚の簡単な経緯です。

とも #- | URL
2016/11/23 01:13 | edit

ともさん

再度、コメントありがとうございます。
離婚についての詳細な経緯、興味深く読ませて頂きました。

離婚の原因は一つでは無く、色々な条件や環境が重なってしまった
結果なんですかね。


>本当にお互いを理解して結婚していたり、
>お互いを本当に好きで結婚していたら、
>二人でもっと踏ん張れたのかなと思います。

実は私も、失業した直後に妻に離婚して欲しいと言われた経験があります。
これまでの私への不満が、爆発したようです。
かなり本気でした。


本文にも書きましたが、妻とは4年の交際を経て結婚しましたが、
長く付き合ったからといって、お互い理解していたかというと
そうでは無かったように思えます。

もちろん、数ヶ月の交際で結婚した人よりは
相手の事が分かるかもしませんが、
結婚した後の理解度を考えると、大きな差にはならないような気がします。



また、お互い本当に好きで結婚しても、
いずれ熱は覚めますから、
これもあまり重要ではないような気もします。


親に薦められて見合い結婚をしても、
何となく夫婦関係が長く続いている人も数多くいますし。



結婚が長く続くというのは、
お互いの相性が良いとか、
一緒にいて何となく落ち着くとか、
ちょっと上手く言葉では表現できませんが、
人間性が同じということなのでしょうか。
そして、お互い同じ気持ちで無いとダメです。


こういう人と巡り合えるというのは、
「運」なのか「縁」なのか

見つけようと思って、見つけられるものでは無いと思います。
目に見えない巡り合わせのような気がします。

ニック #- | URL
2016/11/25 00:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/875-77ab1cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)