無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

明日は内視鏡検査  

昨年の12月頃から、トレードが思うよういにかなくなって、
夜の検討も怠るようになると共に、お酒の量が増えて行きました。

飲み過ぎて胃の調子が悪いにも拘わらず年末年始に突入し、
更に飲み続けるという悪循環。
とうとう胃が痛むようになりました。


風邪を引いた1月5日を最後に、
赤羽へ行った1月12日の1日を除いては全く飲んでいないのですが、
相変わらず胃痛は収まらず。
今日は内科に行って来ました。

そして明日、内視鏡検査をすることになりました。
今から憂鬱です。
今日は21時以降は食事は禁止。
飲み物は、お茶か水だけとなります。



会社員時代、ストレスから十二指腸潰瘍になりました。
入社2年目の春のことです。

入院治療の為、2ヵ月程仕事を休職することになりました。
同期から仕事の遅れをとることが悔しくて、
病院のベッドで、ずっとTOEICの勉強をしていました。

あの時は、がむしゃらに働いていました。
会社で出世することが、人生の全ての目標だと思っていました。

今は無職ひきこもりになってしまいましたが、
私にも頑張っていた時代がありました。
ずっとひきこもっていた訳ではありません。



もしも、前職の仕事が自分に合っていたのならば、
今はトレードとは無縁の生活を送っていたと思います。

当時は仕事が冴えず、その鬱屈したエネルギーの全てが、
トレードに向かったのだと思います。
そういうトレーダーの人、多いような気がします。

夜勤で一人で仕事をしている時、上司や同僚の目が無いので、
良くネットでNYの株価をヤフーファイナンスで見ていました。

今でこそ当たり前となりましたが、ネットが普及し始めた初期だったので、
リアルタイム(といっても20分遅れ)で株価が見れることがとても新鮮でした。
そこが私にとって、本格的に株を始めるようになった入り口だったような気がします。
今から20年程前の事です。



胃の痛さが十二指腸潰瘍を患った会社員時代と同じなので、
ふと、会社時代の事を思い出しました。
明日は検査なので早目に寝ます。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201701

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/908-d19c35ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)