無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

精神病院に入院していた時の話 その1  

今日は日曜日。
朝からする事も無く、暇なので、
1年前の事を思い出して、書こうと思う。

自分の苦しかった時期の事を、ブログに残しておきたい。
このブログは、私の備忘録も兼ねているので。

長くなると思うので、5~6回に分けて書く予定です。




今は普通に生活して、精神薬は全く必要のない状態に戻った。
トレードで勝った、負けたで日々騒いでいて、平和な日常を送っている。
しかし、去年の今頃は地獄だった。
死にたくて、死にたくて仕方なかった。

会社員をしていて、仕事への不適合感が強く、30代の頃から鬱を繰り返していた。
それが原因で、40を過ぎて仕事を失い、無職となった。

仕事を辞めたら、鬱が良くなるだろうと思っていたが、実際は逆で、
40を過ぎたオッサンで、何のスキルも資格も無い、それに加えて鬱病持ちの私には
もう働く会社など無いだろうと思え、絶望のどん底に落ちて行った。

無収入になり、何のために生きているのか分からない。
もう、一生働くことはできない。
自分は価値の無い人間だと、いつも思っていた。



死のうと思った。
自分の部屋の私物を整理して、
家族がいない時に、荷物を車に積み込んで、清掃工場に運んた。
本も古本屋へ持って行った。
証券会社に入れてあった資産も、
株が嫌いな妻でも分かるように、銀行口座にまとめた。

あと、葬儀屋も色々と調べた。
死んでから、スムーズに事が運ぶようにしたかった。


いつも、死ぬことばかり考えていて、
パートに出ている妻が、日中私を自宅に一人にしておくのを心配し、
常に家族の誰かがいる実家に帰る事になった。
去年の5月末か、6月の初め頃の事だったと思う。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

category: 精神病院での入院生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/91-4ed6dea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)