無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

高校時代の同級生の話  

一昨年に高校時代の同窓会があって、
その時に知ったのですが、
高校時代、同じクラスだった同級生が、
上場企業の社長をやっていたみたいです。
今は会長なんですけど。


上場企業の社長といっても、叩き上げで社長になったのでは無くて、
同族会社なので、そのまま引き継いだ形です。

経歴を見たら、大学卒業後、大手都銀に入行して、
父親が経営している企業に戻って、
営業などの実務に就いた後に、副社長、社長、会長といった感じのようです。



高校時代の彼の印象は、比較的大人しくて、
サッカー部に入っていて、スポーツマンといった感じでした。

勉強はできる方ではなくて、話していても頭が切れるとは思わなかったかな。
だから尚更、なぜ社長?そんなことできるの?
と、当人には大変失礼ではありますが、思ってしまいました。

鬱になって失職し、今は無職ひきこもりである同級生の私に、
そんな事、言われたくないと思いますが・・・
ゴメンなさい。


彼はあまり威張ることも無く、身なりも派手ではありませんでした。
だから、彼の家がそんな家だとは思いませんでした。




何で突然、こんな事を書いたかというと、
EDINETを見ていたら、彼が持ち株を売りに出しているみたいで、
計算したら何億も入って来るようです。

上場企業って開示義務があるから、
彼の事を知っている、同級生とか、知人とか、会社の人とかに、
そういった懐具合を知られてしまうのって、何だか可哀想だなと。


その会社のここ何年かの業績を調べて見たけれど、
ずっと芳しくなくて、彼も相当苦労していたはずです。

あんまりガツガツした人ではなかったし、
声も大きな方では無く、比較的大人しい人だったので、
社長業は大変だったのではないかなと、他人事ながら思ってしまいました。



経営権も手放す様なので、会長職も辞めるだろうし、
創業者利得で得たお金で、新しい事業でも起こすのかもしれないけど、
これからの人生、好きな事をやったら彼も幸せなんじゃないかなと、
ふと思いました。


上場企業の社長を父親から引き継ぐのって、人によっては羨ましく思うかもしれないけど、
そのプレッシャーは計り知れないものだと思います。


無職ひきこもりトレーダーの私はお気楽ですよ。
少なくとも私の家族以外、他人の人生は引き受けていないので。
関連記事
スポンサーサイト

category: 友人

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/910-226f9838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)