無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

中学時代の担任の先生の話  

明日の事をサラサラっと書こうと思ったけど、
書いているうちに超大作になってしまいました。

途中の部分は先生の人となりが書いてあるので省いても大丈夫です。
お忙しい方は初めと終わりだけで。
お暇な時に。



中学時代の担任の先生(70歳男性)から
「都内に来る機会がありましたら、一度会いましょう」と昨日メールが来ました。

私は毎日暇なので
「いつでも暇ですので、先生の都合の付く時に」と今日返信をしたら、
明日、2人でランチを食べに行くことになりました。


----------以下、中略可能 下に続く------------

中学時代の担任の先生は、人間味のあるとても良い先生でした。

私の中学校は、当時は結構荒れていて、
学校の校舎の裏で生徒が煙草を吸っていたり、トイレの扉が壊されて無かったり、
1つ上の学年の卒業式にはパトカーが待機していたりと、
一触即発の緊張感のある学校でした。
当時は校内暴力という言葉を良く聞きましたが、今は全く聞かなくなりました。

いわゆる不良と呼ばれるような生徒が学年に10人位いて、
多くの先生たちは、彼らを恐れて悪事に対しても見て見ぬふりをしたり、
一部の男性教師が、力で押さえつけるような指導を行っていました。

しかし、私の担任の先生は、そんな不良たちに対しても対等に付き合っていて、
彼らからも一目置かれるような先生でした。
おそらく、不良たちの話にちゃんと耳を傾けていたのだと思います。

だからといって、不良たちに迎合するようなことは無く、
ニヤニヤと彼らに近づいては、さりげなくポケットを触り、
煙草を持っていないかのチェックをやっていました。


出来の良い生徒、普通の生徒、荒くれている生徒を
別け隔てること無く接してくれたので、
卒業後も先生を慕い、親交を続けている生徒が数多くいるようです。

しかし、私と先生との卒業後の付き合いは全く無く、
中学を卒業後に会ったのは、
15年程前に行われたクラス会と、10年程前の友人の結婚式の2度しか記憶がありません。

そして、その2度とも、先生と会話を殆ど交わさなかったと思います。
別に先生の事を嫌いだった訳ではないのですが、
特に話すことも無かったし、話たいとも思わなかったし、
そもそも先生は人気者で、いつも周りに沢山の人がおり、
私が話す機会はありませんでした。


ところが、昨年の3月に、中学時代の同級生とクラス会の話になって、
その同級生が先生との親交が深かったこともあり、
そんな縁から先生と再び会う事となりました。


クラス会の幹事をやっていたこともあり、
電話やメールが良く来るようになりました。

------------以下、本文に戻る------------

先生はとても話が好きです。
大体、午前の10時頃に電話が掛かってることが多いのですが、
平気で1時間位話に付き合わされます。
トレードが忙しくても無碍にできず、電話を切ることができません。

5分や10分で済まないことが分かってきたので、
最近は、忙しい時には電話に出ないようにしています。


話の内容は、他愛も無い日常会話です。
先生の趣味は無線です。私は無線はやりません。
あと、料理教室に通っています。
そこのメンバーの話を良く聞きます。
車も好きです。
昔住んでいた海外の話も良く聞きます。
それと中学時代の生徒の話です。
私の同級生の話もしませすが、これまで受け持った生徒の卒業後の話。
例えば、海外で活躍している人とか、起業して社長やっている人とか、
事件を起こして刑務所に服役中の人とか。
こんな雑談を永延としています。


前回は去年の11月頃にもう一人の同級生と会ったのですが、
11時前に会って17時前に解散するまでの約6時間の間、
先生が一人でずっとしゃべっていました。

まあ、こっちは何も考えず、色々な話を聞いているだけなので
楽と言えば楽なのですが。


先生は70歳です。
学校を定年退職して10年経ち、今は無職で、奥さんは働いているようなので、
日中は暇を持て余しているのかなと・・・
だから、無職で暇な(と思われている)私は、打ってつけの話し相手なのかもしれません。


ちなみに先生には、私が鬱で4年前に退職している話はしています。
今は妻が働きに出ていて生計を立てており、
私は専業主夫をやりつつ、暇潰しにトレードで小遣い稼ぎをしている
と言ってあるので、ザラ場中でも平気で長電話を掛けてきます。


ということで、明日の前場の寄りだけ見て、10時頃から外出します。
後場は完全にお休みです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 友人

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/919-e7f93c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)