無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

証券会社の社員というお仕事  

先日、誤発注をしてしまい戦意を喪失し、
株から離れて、しばらく読書をしていました。

読んだ本は、
「野村証券第2事業法人部」 著者 横尾宣征

いや~、久し振りに面白い本を読みました。
400ページ程の本なのですが、一気に読んでしまいました。

------------------------------------
パワハラという言葉など、まだ影も形もなかった時代だ。
応接室の前を通りかかると、
ノルマを果たせない課長代理を
上司が怒鳴りつけているのが見えた。
課長代理の横には彼の奥さんが座っていた。
「こいつのために、みんなが迷惑しているんです。
奥さん、どうにかしてください」
何だか見てはいけないものを見てしまった気がした。
------------------------------------

昔の証券会社って、こんなところばかりだったと思います。

25年ほど前、私が証券会社との付き合い始めたばかりの頃、
母親に連れられて、実家近くの証券会社に行った時の話です。

当時の証券会社は、カウンター越しにオフィスが丸見えで、
証券マンが、上司とおぼしき人に、
四季報で頭を殴られているのを見たことがあります。
こんな所にお金を預けて大丈夫なのか?
と不安になったのを覚えています。


巣鴨の専業さんは、元証券会社勤務で、
30年前に入社し時の事を良く話てくれますが、
朝から立ちっぱなしで電話営業して、
注文が取れたら座って良いと言われたそうです。
注文が取れない営業マンは、場が引けるまでずっと自分の机の前で立ちっぱなしとか。


投資用不動産営業の人で、
電話の受話器と、受話器を持つ手をガムテープで固定されている
という話も聞いたことがあります。

証券、商品、不動産、今はどうかわかりませんが、
パワハラが横行していた業種だったと思います。

------------------------------------
(著者が、高崎支店から新宿野村ビル支店に異動することになった時の話)
異動発表の翌日、新宿野村ビル支店の次席(副支店長)が突然、高崎支店を訪ねてきた。
「来月から夏休みが取れるのですが、いつも通りとったことにして外交するのでしょうか?
前の支店長は1日も夏休みも取らせてくれず、全員が一週間取ったことにして出社していました」
何という支店長だと私は思った。
------------------------------------

私も20年程前に入社した製造業の会社で、工場勤務だった時に、
仕事が忙しくて、みんな休日出勤ばかりしていました。

休日出勤をした場合、6ヶ月以内に代休を取るか、
取れない場合は、賃金で支払われたのですが、
ある上司の時に、代休が取得できず、
「ニックさん、休んだことにしておいたよ」と言われた事がありました。

また、当時は特許の明細書を年間2件作成するノルマがあり、
勤務時間内に明細書を作成していたのですが、
ある課長に「特許なんて、夏休みとか休日に、寮で書いてくるものだ」
と言われたことがあります。
「休みの日も、寮で仕事しろ」ってことなんですよね。


今でこそ、パワハラとか、ブラック企業とか、長時間労働とか、
そんなことが世間一般で話題になりますが、
20年前の企業なんて、みんなこんなものだと思います。
ある意味、今の会社員の方が、守られているような気がします。


この本の前半は、野村証券時代の仕事や同僚、上司の話、
そして、後半は、「オリンパスの粉飾決算事件」に巻き込まれてしまった話です。
お薦めの1冊です。

関連記事
スポンサーサイト

category: お気に入り

tb: 0   cm: 2

コメント

僕の勤めていた〇〇〇金融でもひどいものでしたね。労基署に入られてからはホワイト企業になりましたけど。労基署が入る前は、月末になると総務人事の担当者から直接連絡があり、残業時間が36協定の基準を超えているとして暗に取り消しを求められました。また仕事の進捗が悪ければ土日に任意で会社に出て追いつき作業をするのは当然のことでした。有休をとりたいと言うとそんなのあるのかと言われました。労基署に入られた後に、いま、ヤマトがやっている未払いの残業代を支払うという達しが会社からありましたが、記録をつけているわけではないので、腹立たしかったものの、未払い残業代は0円で署名捺印して書類を提出した記憶があります。いまは完全ホワイト企業で事務所への入退出記録からパソコンの操作記録まで連動して勤務実態を会社が把握するようになっています。この会社では働き出すのが早すぎました。

mooncloud #- | URL
2017/03/05 20:24 | edit

mooncloudさん

ニックです。コメントありがとうございます。

確かに昔は酷かったです。

私の部署では残業が月10時間までと決められており、
出勤簿も手書きでしたので、月100時間残業しても
10時間分しか申請できませんでした。

私が退職する直前に、会社の入り口にゲートができて
(駅の自動改札と同じ)
社員証であるICカードをかざして、
入退社時間を管理するようになりました。

今の方が、社員にやさしいかもしれませんね。

ニック #- | URL
2017/03/06 21:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/937-ccec910c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)