無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

父が自宅に来ました  

今日は父が自宅に来ました。

他に用事があって、私の自宅の近くに来たそうで、
昼食を誘われて一緒に食べに行きました。

父は70代半ばです。
元気なのですが、最近は耳が遠くなりました。

電話をしていてもあまり聞こえていないようです。
補聴器をしているのですが、日常会話にも少し不自由をします。

耳が遠い人は声が大きくなるそうで、父も大きな声で話します。
父が来た時に、私は家の前まで迎えに行くのですが、
大きな声で私に話すので、何となく恥ずかしいです。

私は無職で、平日でもずっと家にいます。
近所に人に気付かれてしまわれないかと、何となく気になってしまいます。
別にびくびくする必要はないのですが。



昼食を食べに行った後、自宅に戻ってきて、
コーヒーを飲んで帰って行きました。

耳が遠くなり年老いた父を見送ると、なんだか寂しい気持ちになりました。
70代ですから、そう遠く無い未来にお別れが来るのだろうなと。
今のうちに、できることはしてあげたいです。



鬱になって仕事を辞めた時、父は私に
「16年間会社員をやっていたのだから
 しばらくはゆっくり休めば良い」と言ってくれました。

でもそのうち、再就職するだろうと思っていたようです。
私自身が、トレードで生活をしていく覚悟ができてからも、
父は私と会うたびに、いずれは会社員に戻るのだろう?
というような話をしてきました。


父だけで無く、母も、妻もそう思っていたのかもしれません。
私だけが、会社員は戻りたく無いと思っていたのでしょう。

最近は、父とあまり仕事の話をしなくなってきたので、
もう諦めたのかもしれません。



会社員には戻りたくありませんが、
トレードだけでいつまで食べて行けるか分からないので、
早く別の収入源を見つけたいです。

でも、そう思ってから既に2~3年経っています。
トレードに夢中になってしまうと、
そっちには目が行かなくなるんですよね。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201703

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/944-611e5b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)