無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

時間の流れの感じ方について ~コメントへの返信~  

名無しさん、
コメントありがとうございます。

返信が長くなりそうなので、記事にさせて頂きました。
時間の流れの感じ方と、先日会ったトレーダーさんの話を書こうと思いますが、
トレーダーさん(元銀行員の方、元外科医の方)については、
少し時間がかかりそうなので、週末改めて書くことにします。

--------------------------------------------------------------------------
逃月の2月もあっと言う間に過ぎ、3月ももう終わろうとしてますね。
今年も4分の1が過ぎようとしてますが、ニックさんは時間の流れるのを早く感じますでしょうか。
それとも遅く感じますでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------

一月往ぬる二月逃げる三月去る
本当にあっと言う間の3ヶ月でした。
体感的には、この3月が一番忙しく、時が過ぎるのが早く感じられました。

私の時間の流れの感じ方について少し書こうと思います。


まず、誰にでも言えることと思いますが、
楽しい時間はあっという間に過ぎ、
詰まらない、苦しい時間は長く感じられます。


無職ひきこもりトレーダーをやっている今は、
毎日があっという間に過ぎていきます。

もう、こんな生活が4年程続いていますが、
まだ1~2年しか経っていないような気がします。

何にも縛られず、いつでも自由に時間を使うことができます。
毎日、気兼ねなく好きな事ができるのですから、詰まらない訳がありません。


一方で、「こんな生活をずっとしていて良いのだろうか?」と
生き方に疑問を抱く時もあります。
トレードが暇だったり、稼げない時に良く考え込みます。
この時は苦しい時間です。

しかし、トレードが忙しくなってくると、
また、売買に夢中になってしまい、そんな考えは心の片隅に追いやられてしまいます。
でも、ずっと心のどこかでくすぶっています。

稼げない時も苦しいです。
しかしこの稼業は、全戦全勝ということは有り得ないので、
そいうった時は辛抱するしかありません。
いずれまた、稼げる時が来ることを信じて、自分に流れが来るのを待つしかありません。



私が楽しいと思う時間は、
 ・トレードのアイデアを考えたり、調べものをする。
 ・将棋の対局を見る。
 ・読みたい本を探す。読みたい本を読む。
 ・散歩して、自然に触れる。
  (海を見る。森林の中を歩く。草花を鑑賞する。鳥のさえずりを聞く。雲や太陽を眺める。)
 ・お酒を飲む。
 ・食べたいと思うものを食べる。

私が苦しいと思う時間は、
 ・生き方に疑問を持つ
 ・トレードで稼げない時

1日(1年)の中に占める、楽しいと思える時間が沢山あればある程、
時間が過ぎるのはあっという間に感じるのではないでしょうか。


会社員時代は本当に辛くて、毎日がとても長く感じられました。
鬱を患っていたときもそうかな。
でも、そういった不遇の時代があったからこそ、
今の生活の良さが感じられるのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201703

tb: 0   cm: 1

コメント

ありがとうございます

時間の流れの感じ方が、精神のバロメーターなのかもしれませんね。

名無し #SFo5/nok | URL
2017/03/31 05:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/953-d9c1a721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)