無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

オフ会で会った元外科医さんの話 その2  

その1からの続きです


■5

トレードの話を一通りした後、
彼に、外科医を辞めてしまったこと、そして専業トレーダーになったことを聞きました。
ストレートに、「なぜ、40歳半ばで20年近い仕事人生が残しつつ、外科医を辞めてしまったのですか?」と

彼は話しくれました。
「外科医をやっていることがつまらなくなった。」と

外科医になりたての頃は、手術の技法を色々と覚えていくそうです。
技術を習得し、日に日に成長していくことが楽しかった。
ところが10年も経つと、一通りの技法を習得してしまい、
自分の成長スピードが極端に鈍化すると言っていました。

ある程度の事が身に付くと、あとは同じ事の繰り返し。
外科医として、手術をすることがつまらなくなったと。


そして、もう一つの理由を話してくれました。
それは「がん患者を診なくてはならないこと」だと。

初めは、この言葉の意味が理解できませんでした。
外科医として、がん患者を手術するのは当たり前の事ではないか。
何が問題なのか?と

その話の続きを聞くと、がん患者に接するのが辛いということが分かりました。
本当は、がん患者を診たくない、
でも、外科医をやっている以上、それは避けられないことらしいです。

若い女性のがん患者を手術しなくてはならない。
彼女の話を聞くと、まだ小さいお子さんがいる。旦那さんもいる。
絶対に助けてあげたい。
でも、再発を繰り返して、多分この先は・・・

医者をやっていると、彼女の命があとどれくらいなのか分かるのでしょう。
全力を尽くしてやっても、報われ無い事もある。
本人が幾ら努力をしても、どうにもならない事もある。

医師という仕事は、精神的にもかなり辛い仕事のように感じました。
私なら耐えられないかもしれない。


■6

私は彼の事が嫌いでいた。
おそらくですが、このオフ会で彼から直接話を聞くまで、
彼のことを避けていたのかもしれません。

本来であれば、同じ銘柄を見ている人なので、もっと話す機会があっても良かったはずです。
でも、それはしませんでした。

彼と会って14年経ちますが、それまでに私が聞いた断片的な情報として
・トレードが好き
・外科医時代を凌ぐ利益を毎年上げている
・医師という職業を投げ打ってトレーダーになった。

人の命を救う医師という仕事よりも、お金を稼ぐトレードの方が好きなのか?
彼が金の亡者に見えました。
(これは私の、医師という仕事やトレーダーという仕事に対する偏見もあるのですが)

トレードで毎年凄い稼いでいるのを聞いていたので、嫉妬もあったのかもしれません。
だから彼のことが好きではなかったのかなと。

でも、今回色々な話を聞いて、
彼も外科医時代に、色々な苦悩があったということが十分分かりました。
自分の想像だけで、人を判断するというのは危険なことだなと身に染みて分かりました。

私自身、トレーダーとして今生きているのですが、
まわりの人からは、「楽して稼ぎやがって」と思われている節があります。
でも、トレーダーとしての辛さや大変さは沢山あります。

はっきり言って、そいう人達に言いたい。
「真剣にトレードと向き合ったことの無い奴に、何が分かるんだ!」と。

医師を辞めてまでトレーダーになった彼に対して、
家族であったり、周りの人は、何でトレーダー?と思っている人は沢山いると思います。
普通のトレーダー以上に、風当たりが強いかもしれません。

でも彼からしたら、
「外科医を勤めた事の無い奴に、何が分かるんだ」
と思っていることでしょう。


■7

2次会では、大阪のトレーダーさんも交えての話になり、
今度、彼の家で何人かでオフ会をしようという話にもなりました。

私は終電の時間もあったので、先に失礼させて頂いたのですが、
帰り際に連絡先まで教えて頂きました。

彼とは同じような銘柄を見ていて、トレードに対する考え方もとても参考になったので、
私自身がトレードに悩んだ時に、いつでも話ができたらなと思っていたので
とても有り難かったです。

私自身が一方的に嫌悪感を抱いていた人とのわだかまりが解けて、
なおかつ距離が急に縮まって。

私は大人数のオフ会は好きではないです。
何となく気恥ずかしい感じがして。
でも、今回ばかりは、参加して、彼と話ができて良かったと思いました。



おわり
関連記事
スポンサーサイト

category: 友人

tb: 0   cm: 2

コメント

良いお話ですね。外科医の方も相場が好きという理由以外にも、色々な理由があって専業をされてるのですね。

とも #- | URL
2017/04/02 09:14 | edit

ともさん

ニックです
コメントありがとうございます。

自分ひとりの人生で、見ることのできる景色は限られています。

色々な人に会ったり、本を読んだり、ブログを見たりして、
他の人の生き方、生きてきた道を知ることは楽しいことだと思っています。

ニック #- | URL
2017/04/06 17:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/955-729599ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)