無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

精神病院に入院していた時の話 その8  

私の入院していた病棟は、鬱の人、不眠の人が多かった。
それでも、週に何回か、誰かしらが大暴れして、騒ぎになっていた。
暴れるのは女性が多かった。

入院していた病棟では
無職の人、生活保護を受けている人が、かなりの割合でいた。

今まで、私が生きてきた中では
普通に会社員をしている人が殆どだったので、
同じ境遇の無職の人がここまでいるとは思わなかった。

それに、人と比較するのは好きでは無いけど、
まだ、私は働こうと思えば働けると思った。
鬱で寝た切りの人もいたし、
Cさんみたいに、20年もの間、精神病院に閉じ込められている訳でも無い。
Dさんのように、薬物中毒でも無い。
正社員とかを考えたらダメかもしれないけど、
パートとかアルバイトだったら働けるかもしれないと思えた。
退職して、無職になってから初めて前向きな気持ちになれた。

それから、急に気持ちが楽になり、死にたいという気持ちが日に日に薄れていった。
9月に入り、仕事をしたいと考えるようになった。
そして、9月の下旬に退院した。

10月に入り、ハローワークへ行った。
そして、仕事を探し始めた。

これで、精神病院に入院していた話は終わり。


仕事は相変わらず見つかっていないけど、
無職であること、仕事をしていないことを自分なりに受け入れられるようになった。

それと、仕事をしていなくても、何とか生活はできるという感触が得られた。
妻もパートで働いているし、
家計が苦しくなれば、生活のレベルを下げれば良い。
拘らなければ、何かしら仕事は見つかるのではないかという、淡い期待もある。
「なんとかなる」この気持ちを得られたのが良かった。

また、明日から
無理をしない程度に、トレードと職探しを始めようと思います。

精神病院に入院していた時の話(完)
関連記事
スポンサーサイト

category: 精神病院での入院生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/98-12b6e3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)