FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

証券会社の支店を訪問  

6月に入ってからもトレードは今一つ冴えません。
今年良かったのは3月だけと、情けない限りです。

何とかこの現状を打破しなくてはと思い、
今日は、片道2時間以上かけて、証券会社の支店を訪問してきました。



なぜ、自宅から2時間以上もかかる証券会社の支店なのか?

5年程前、ある証券と取り引きが結構あったのですが、
その証券会社の担当者が、別の証券に転職することになりました。
その際、顧客であった私に、転職先の証券会社に口座を作って、
今までと同様に取引して欲しいとお願いされました。


今はこういうのは、ダメなのでしょうか?
昔は良くあったという話を聞きますが。
顧客を連れて転職や、顧客を連れて異動とか。
(私は技術系の会社員でしたが、同業他社への転職は、
 一定期間制限がありました。企業間で協定があったと思います。)

別の証券会社で、担当者が本店から横浜支店に異動になるというので、
支店の変更手続きをして欲しいと言われたことがあり、
担当者と一緒に支店異動したこともありました。


話は元に戻りますが、
彼が転職して、口座を開設してから間もなくして、
私は仕事が原因で鬱になってしまい、トレードどころではなくなってしまいました。

そして、彼の営業成績に貢献してあげることができないまま、
彼は別の支店へと転勤になってしまいました。



口座の開設の際には、彼が支店から2時間以上かけて
私の自宅近くの喫茶店まで来てくれたので、
私はその支店には一度も行ったことがありませんでした。


今日は10時過ぎに自宅を出て、支店近くの寿司屋でランチを食べて、

W320Q75_P1190252.jpg

午後から1時間程面談。
その後、どこへも寄らずに帰りましたが、帰宅したのは16時過ぎでした。
ちょっとした、小旅行になってしまいました。



前任からかわった担当者も30代の男性でした。
色々な話をしたのですが、お付き合いが大変な証券会社だなと思いました。
この証券会社に限らず、最近はどこも大変なのですが。



帰宅後は、どっと疲れが出てしまいました。
証券会社に行くと、精神的に疲れます。
最近は、良い話よりも悪い話の方が多いです。
今日もお酒は飲まずに、早く寝ようと思います。
関連記事
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201706

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/999-b3232fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)